大きく残す?コンパクトにする?フォトブックの大きさの決め方

コンパクトサイズがおすすめな人とはどんな人?

フォトブックには様々なサイズがあるのをご存知ですか。文庫本程のサイズのものから、A3などの大型サイズまで多種多様なラインナップが用意されています。小型サイズを得意にしているフォトブック業者もあれば、大型サイズを得意としているフォトブック業者もあるなど充実している状況です。その様な様々なサイズがあるフォトブックを作成する際に、どの様な基準でサイズを選べば良いか悩みますよね。選び方のポイントを簡単に紹介します。まず、子供の成長記録や旅行の記録などをフォトブックで作成する場合には、コンパクトサイズがおすすめです。子供の成長記録や旅行の記録は画質よりも記録として残し続ける事に意味がある為、かさばらずに保管し続ける事が出来るサイズ感は重要となります。

作品集や特別なイベントの思い出には大きめサイズがおすすめ

フォトブックを大きなサイズで残すのに適しているのは、写真を趣味で行なっている方や特別な思い出を残したい方です。日頃はコンパクトサイズを選んでいても、七五三など特別なイベントの際には大きめを使い分けるのもメリハリをつけた使い方です。なお、大きいサイズで印刷するので、データ容量は大きめのものが好ましい為、拡大しても画像の劣化が少ない一眼レフなどのカメラで撮影するのが良いでしょう。スマホの写真でも十分綺麗ではありますが、A3サイズなどに拡大した時には大きな差が出るので注意が必要です。仕上がって来てからでは遅いので、事前にチェックしておくのが賢明です。この様にコンパクトサイズと大型サイズ、それぞれの特徴を理解した上で、自身に最適なフォトブックを選ぶ様にしましょう。